生ごみ処理機を使ってみませんか?

ゼロボックス現代社会において、ごみに関する問題は、どの地域においても大きな問題になっています。
各自治体でのごみ出しの有料化も進んでいます。またリサイクルできるものは細かく分別して回収に出すというスタイルが定着してきた地域も多くなっています。そんな中、生ごみ処理機が注目を集めています。
家庭からでる生ごみ量を少なくすることができたら…。自然や社会にちょっとやさしい生活をいまから始めてみてはいかがでしょうか。

家庭からでる生ごみの量が減ると「ごみ出しも楽になる」と、お年寄りの方にも好評です。
また処理物を肥料にすることができるので、園芸や家庭菜園をしている方にもおすすめです。
そんな今注目の生ごみ処理機、そろそろ使ってみませんか?


ゼロボックスのここがスゴイ!!

使い方はカンタンです。カンタン!! 生ごみを入れるだけ!!

キッチンから毎日出る生ごみはすぐに処理したいもの。それもゴミ箱と同じように入れるだけなら何よりラクで手間いらずです。
そんな理想をカタチにしました。
ゼロボックスは生ごみを投入するだけのカンタンさ。毎日上手に使って快適にお過ごしください。

一日の処理量は約800g(最大1200g)、三角コーナー1杯分程度の生ごみを処理できます。
ゼロボックスは微生物と電気の力で完全にほうったらかしで生ごみを分解処理できますから、あなたがすることはゼロボックスに生ごみを入れるだけ。それだけでおおよそ1/10に減容させることができます。ニオイも音ももほとんど気になりません。もちろん生ごみを切り返したり、中身を頻繁に取り出す必要もありません。

省エネ・低コスト・音も静か!

ゼロボックスはバイオ材と生ごみを定期的に攪拌し、酸素を送り込むことで微生物の活動を活発化させます。微生物が快適な環境を作るために定期的に電気を使いますが、その消費電力はわずかなものです。

一ヶ月の電気代は200円程度です。しかも長時間フタの開閉がない場合は、節電タイマーが働き自動的に節電をします。
消費電力が小さいということは電気代も安く、CO2排出量も少ないということです。
電気の消費量を最小限にしながらも、生ごみの分解処理力を最大限にしているのがゼロボックスなのです。

新開発した強力バイオ材のパワーで分解が速い


生ごみ処理機の性能は、バイオ材の分解能力の高さで大きな差がでるものです。ランドエコでは農学博士 松本聰先生監修のもと、今回新しく専用バイオ材「ナチュラル・バイオ・ミックス」を完成させました。
「ナチュラル・バイオ・ミックス」はベタツキや乾燥に強く、非常に高い分解力と扱いやすさが特長で、基材はすべて自然素材を厳選して配合、バイオ(微生物)がより活性化して生ごみの分解能力に大変優れています。

投入する生ごみの量が多すぎたり水分が多すぎると、嫌気性微生物が発生しやすくなり悪臭の元になりますので使い方を守る必要があります。しかしゼロボックスは微生物の分解速度が早く悪臭が発生するような嫌気性分解が起りづらい環境になっているために、他社製品と違い悪臭がほとんど発生しないのが特長です。

有機肥料に最適!!

自然界の約100倍もの土壌菌が強力に生ごみを分解、 生ごみの大部分は水蒸気と炭酸ガスに分解されます。
繊維質は分解に時間がかかるため容量が増える場合があります。残渣が増えないので、あえて取出す必要はありませんが、分解力が優れているために未分解物が少ないことにより、抜群の肥料効果があります。
生ごみを分解したバイオ材は、土と混ぜ合わせ熟成させると、追肥、また庭や畑の土壌改良材として使用することができます。
土壌改良した畑で栽培した野菜や果物を収穫し、それらから出た生ごみを生ごみ処理機に入れ、バイオ材を育成するという循環が生まれます。追肥にも使えますのでガーデニングを楽しむ方にもおすすめです。

取り出したバイオ材は園芸用の土壌改良材として利用できます。

生ごみ処理機から出したばかりのバイオ材は、完全な肥料にはなっていません。 バイオ材を園芸肥料としてお使いいただくには、下記の要領で熟成させてからご使用ください。

バイオ材の熟成方法

熟成肥料は元肥(種まき時や植え替え時に土と混ぜて使う肥料)や追肥(植物の生育途中で与える肥料)として利用できます。

使い方はカンタンです。追肥として使用する場合

熟成肥料が直接植物の根に触れない程度に間隔を置き、深さ10cm〜15cm位を耕して追肥してください。

庭や畑の土壌改良材として使用する場合

庭や畑の土の深さを20cm程度耕し、熟成肥料を散布し土壌と混ぜ合わせてください。種まきや苗の植え付けを行う場合は、完熟肥料と土壌が馴染み、安定する期間(2〜3週間)を待ってから行ってください。